12月16日(金)第4回 舞台芸術に関わりたい人のためのインターンシップ等合同説明会に登壇してまいりました。

12月16日(金)第4回 舞台芸術に関わりたい人のためのインターンシップ等合同説明会に登壇します

他の登壇があうるすぽっと、東京芸術劇場、KAATさんなど公共劇場系から、F/Tさんなど国内のフェスティバル、『チェルフィッチュ』などの制作を行ってるプリコグさんなど幅広い登壇者。
そして主催者側、参加者側ともに知り合いにめっちゃお会いするという状況。世間はせまい(笑)

やはりこの業界人手不足というのと、人材育成には悩みがつきないのだな・・・というお話を聞きながら思いましたね・・・。あと会場に来た人限定のお話は「お役所のスケジュール、今の時期だからなあ〜〜」という年度的なものも。

シビウ国際演劇祭のボランティアは経験がなくても、学生であっても条件と熱意さえあれば参加できるという非常に門戸の広いプログラムです。が、どのプログラムも同じなのが「おんぶに抱っこ」「受け身の人には無理」というところ。特に海外だと、言語の問題があるので流暢に喋れる人はともかく言いたいことの1割も伝わってない!→結果、自分で何かを引っ張れない(自分の思っていたほどは)ということがあるのでハードルが上がるのかな、とも。
10年続いたこの派遣事業。11年目ともなるといろいろ変わってきてるみたいなので、今後もこのプログラムが続けられるように過去参加者が伝えられればなと考え中。

●シビウ国際演劇祭 ボランティアについて
ブログ https://sitfvolunteers.blogspot.jp/
FBページ https://www.facebook.com/sitfvolunteers/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYukarienneをフォローしよう!