まあそんな感じでいきなり旅行の感想が反省から入るという記録でしたが

パリ旅行#1:海外旅行やっとけばよかったこと

別に反省点ばかりではなくて、今回よかったから次回も使いたいなーというもの。

カタール航空


ドーハ経由の羽田〜ヨーロッパ便の利用は去年のルーマニア行き(羽田ードーハーブカレスト)から2回目なのだけれど、去年に使った時よりもサービスがよくなってる!

前はアメニティをもらった覚えがなく、今回「あー歯ブラシとか手荷物に入れないとなー」と思っていたら、今年の3月からアメニティーのデザインが一新されていたとな。

そしてさすが中東系エアラインなだけあって飛行機は綺麗だしサービスは行き届いてるし食事は美味しいしワンワールドなのでJALのマイルもたまると(スターアライアンス派だけど最近は乗る機会がないので、とりあえずマイルは貯める方向で)

空港ラウンジの利用


往路の羽田と、復路のドーハで利用。
これまで利用できるにも関わらず利用していなかったのを後悔するレベル!

往路の羽田ではクレジットカードに付帯のサービスでSKY LOUNGE ANNEX を利用。
出国手続き後〜搭乗までの時間なので1時間程度の利用とはいえ、のんびり座ってソフトドリンク(無料)を飲みながら携帯の充電や最後に日本での仕事ができるのは地味に大きい。有料だけど(30分1000円+税)シャワールームもあるので、深夜便の場合は特にスッキリ乗れるのではないかと。海外旅行って移動続くとシャワー浴びれないというのは結構時期やタイミングによってはストレス溜まるので、これはありがたいかも。

復路のドーハは帰国の空港を成田に変えたので(羽田便だとトランジット待ちが7時間)合間の3時間程度の利用。
別に外の待合スペースで待ってても別に待てないわけではないけれど(コンセントもあるし、基本的に掃除は行き届いているし、空港は綺麗)やはり荷物を持った状態で外にいるのは飛行機で疲れてるところだと心配なので、ある程度区切られたところで待てるのは何より楽。
ハマッド国際空港のAL MAHA TRANSIT LOUNGEはクレジットカード関連サービスのプライオリティーパスで利用したのですが、

  • 飲み物・軽食無料(パン、スープ、ちょっとした菓子パン)
  • シャワールームあり
  • USBコンセント各テーブルにあり(ドーハまでの飛行機が前列でコンセントがない座席だったので助かった・・・)

とりあえず、ラウンジは快適なので次も使いたいところ。

スーツケース預かり


帰りに利用。まあだいたいのホテルで荷物はチェックアウト後も多少預かってもらえるけれど、今回は9区のホテル(北駅方面)→美術館→何らかの手段でCDGの順だったので、「北駅のロッカーに行って戻ってそこから美術館行ってさらに北駅戻って空港は時間のロスが激しい」と判断。

なので、オペラ駅近くの旅ステーションの荷物預かりサービスを利用。

オペラ地区だとVISAのサービスもあるようだけれど、こちらは詳細がわかりにくかったので9時半のオープンを待って荷物を預けて、ディオール展に並びに行きましたとさ・・・。

RoissyBus


空港直行のローカルバス。復路で利用。往路はいつもながら北駅経由で電車(治安悪い悪いっていうけど普通!!エスカレーターないってのが面倒。むしろ空港駅では「パリ市内行きたいの?このチケット!」と案内係の人がいたりするのでむしろ楽。ターミナル1にはいないけど!)だったけれど、15時の飛行機→13時半には空港→12時半ぐらいにはパリ市内を出たい→でもギリギリまでディオール展見たい→北駅経由してる暇ないのでオペラから向かうしかないということで利用。まあ値段13ユーロで変わんないので。

乗り場はオペラ座正面向かって左手、ネスプレッソの前、ユニクロの隣あたり(2017年11月現在)

でもまあ途中でなんか直行なはずなのに運ちゃんお客途中下車させてたけどなんなんあれ

チケットはメトロのチケット売り場で買えます。乗るときにガチャっと通して、運転手さんに「ターミナルどこ?」って聞かれたけど、これは全員なのかな?

北駅のエスカレーターないところで16キロ荷物運ぶこと考えたらめっちゃ楽でした。

海外旅行は自力で!!なんとか!!なる!!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で