先日からエントレレビュアーとして活動しておりまして、本日舞台『リトル・ヴォイス』のゲネプロを拝見させていただきました。

今回のエントレさんに掲載分は別の方がかかれることになったので、観せていただいた側としてネタバレに気をつけつつ感想をば。

大原櫻子初主演舞台!というところよりも、私のような普段小劇場がメイングラウンドである人間からしたら、演出が劇団チョコレートケーキの日澤雄介さん、翻訳がDULL-COLORED POP(休止中ではあるが)の谷賢一さんと小劇場界から出て来た方がこういう大きい舞台でもちろんこれが初めてではないにしろお名前を聴くというのは素晴らしいなと。

大原櫻子さんへのコメントはきっと他の人も書くであろうのでここでは割愛させていただいて、何が面白いかって、1幕では弾丸のように喋り捲る安蘭けいさん演じる母親マリー。今星組が東京宝塚大劇場で上演している『スカーレット・ピンハーネル』日本初演版のパーシー役、元星組トップスターがこんな場末のババアともいうべき役をやっていて、しかもそれが振り切れているからこそもうLVとの対比が面白い。1幕の行動も全部2幕ラストシーン(これは劇場で観ていただくことにして!)への布石かと思うとLVとの極端さをあそこまで演じきるのがとかく素晴らしい。
しかも脚本の翻訳がこれまた振り切ってる印象で、スラングなんかはとても訳しにくい(ミュージカルなど観ていてもそう思うのだけれど)ところを日本語口語のスラングでいい感じに訳されてるのでとかく周りの大人たちの下卑た雰囲気や、ビリーの清涼感なんかがよく出てる訳という勝手な印象。
そしてそのセリフ、もと宝塚が言っちゃいます?やっちゃいます?という動き。ゆがんだ親子関係、「毒親」と言ってしまえばそれでかたがついてしまうかもだけれど、歪みが亀裂になり、その亀裂が破壊につながる、というのが見えるドラマだったなという印象。

大人たちの胡散臭さ、欲にまみれた姿と、ビリーとLVの必死に自分と、相手と向き合おうとする姿。いわゆる勧善懲悪ものではないし、そんな単純なものでは決してあるべき姿ではない。一瞬見える優しさは紛い物なのか、それとも本物なのか。嘘か本当か、本物なのか偽物なのかが繰り返しモチーフとして出てくるからこそ、何が本物なのかが最後に見える、そんなストーリーでした。

映画版はちょっとオチが違うらしい?のでこっちも要チェックかなと!

リトル・ヴォイス [Blu-ray]
by カエレバ

 

 

――――――――――――――――――――
舞台「Little Voice(リトル・ヴォイス)」

作:ジム・カートライト
演出:日澤雄介
翻訳:谷 賢一

【出演】
大原櫻子 リトル・ヴォイス役
安蘭けい その母、マリー・ホフ役  
山本涼介 ビリー役
池谷のぶえ セイディ役
鳥山昌克 ミスター・ブー役/電話会社職員役
高橋和也 レイ・セイ 役

2017年5月15日(月)~5月28日(日)/東京 天王洲 銀河劇場
2017年6月3日(土)~4日(日)/富山県民会館 大ホール
2017年6月24日(土)/北九州ソレイユホール

舞台「Little Voice(リトルヴォイス)」 公式サイト
『Little Voice リトル・ヴォイス』
――――――――――――――――――――

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYukarienneをフォローしよう!